本文へスキップ

施設のご案内

○○○○○○○○イメージ

くりりんセンターの特徴

コンピュータ制御システム

中央操作室

中央制御室

高度化したプラント運転技術を分散型コンピュータに蓄積。
安全に効率よくプラントを運転・管理します。




焼却施設

全量焼却のための3炉方式を採用。
400℃・3.82MPaの蒸気をつくる最新式プラント。

全量焼却することで、ごみ(灰)の重量を約5分の1、体積は17分の1に。埋め立て処理量を減らし、しかも衛生的なごみ処理を実現します。
400℃・3.82MPaの高温・高圧蒸気をつくり出すシステムを導入。燃焼排ガスに含まれる有害物質を除去し、公害問題もクリアする環境に優しい施設です。


可燃ごみピット

ごみピット・ごみクレーン

可燃ごみを一時的に蓄えておくスペースで、最大燃焼能力(330t/日)の5日分の容量を確保。ここからクレーンによって、焼却炉の投入口にあたるホッパへごみを運びます。クレーンでのごみのかくはん作業でごみ質を均一化させることにより、炉内での安定燃焼をはかります。


焼却炉内

焼却炉

1日24時間運転の全連続式焼却炉。ストーカは横列隔段往復動式で、水平20°の斜め押し上げによりごみのかくはん・ときほぐしが確実に行われ、さらに燃焼用空気が高速で均一にいきわたるため、ごみを完全燃焼させて有害物質の発生を防ぎます。またAAC(自動燃焼制御)により最適な燃焼状態を維持します。


焼却施設 主要設備概要

施設規模       330t/日(110t/24h×3炉)
設計ごみ質      低質 1,200kcal/kg  (5.0MJ)
           基準 2,100kcal/kg  (8.8MJ)
           高質 3,000kcal/kg (12.6MJ)
焼却条件       焼却残渣の熱灼減量 5%以下
           燃焼温度 800℃〜950℃
設備概要
[受入供給設備]   ごみピット  5,500立方メートル(5日分)         1基
           ごみクレーン 電動油圧ポリップバケット付天井走行クレーン    2基
[燃焼設備]     ストーカ   横列隔段往復動式ストーカ:エバラHPCC型    3基
           焼却炉本体  容量     115立方メートル         3基
[燃焼ガス冷却設備] ボイラ    過熱器(3段)エコノマイザ付単胴型自然循環ボイラ 3基
                  最大蒸気発生量   17.77t/h
                  ボイラ出口蒸気圧力 3.82MPa(40気圧)
                  ボイラ出口蒸気温度 400℃
[排ガス処理設備]  集塵装置      ろ過式(バグフィルタ)           3基
           有害ガス除去装置  反応器(リアクタ)+乾式消石灰噴霧方式   3基
           白煙防止装置    蒸気式空気予熱器+送風機          3基
[排水処理設備]   ごみピット排水処理設備                     1式
           ボイラ排水処理設備                       1式
           有機・無機排水処理設備                     1式




大型・不燃ごみ処理施設

ごみの資源化をテーマに、住民参加によるロータリー方式のステージ

くりりんセンターでは、一般の方もごみを持ち込めるシステムを採用。決められた場所に自分でごみを分別して置くロータリー方式のステージです。資源化できるものは極力資源化し、機械にかける必要のないものは確実に分別して最後に残ったごみだけを埋立地へ。住民参加のもと、ごみのリサイクルと適正処理を実現します。


大型・不燃ごみプラント フローシート

プラントフロー

大型・不燃ごみ処理施設 主要設備概要

施設規模      破砕施設          80t/5h
          プラスチック減容圧縮施設  30t/5h
選別内容      機械選別  鉄、アルミ、不燃物、可燃物、プラスチック
          搬入者選別 灰・ガラス・コンクリート、破砕不適物、鉄くず、蛍光管、
           乾電池、ベッドマット、ふとんなど
設備概要
[受入供給設備]  大型・不燃ごみピット他  2,000立方メートル(3日分)   1式
          ごみクレーン    電動油圧ポリップバケット付天井走行クレーン 1基
[破砕設備]    一次破砕機     低速ニ軸回転式110kW          1基
          二次破砕機     竪型高速回転式440kW          1基
[選別設備]    磁選機       ドラム式(電磁永磁併用型)         1基
          風力選別機     強制吸引式                 1基
          プラスチック選別機 強制吸引式                 1基
          回転式粒度選別機  トロンメル式                1基
          アルミ選別機    永久磁石・回転ドラム式           1基




くりりん発電所

高温・高圧蒸気を利用した高効率発電。
約1万8000戸分のエネルギーを生み出します。

皆さんの出したごみが電気エネルギーとしてリサイクルされ、電力会社を通じて皆さんの所に送られるほか、くりりんの施設内で使うエネルギーもこの電気でまかなわれています。


特別高圧開閉所

特別高圧開閉所

北海道電力に電気を送る(および受ける)施設。ストラクチャーは日高山脈をイメージしています。


蒸気タービン発電機

蒸気タービン発電機

ごみの焼却熱によりボイラで発生した397℃、3.63MPaの蒸気を利用するタービン発電機です。

     
ガスタービン発電機

ガスタービン発電機

蒸気タービン停止時および非常時に発電して電気を供給。また、コージェネレーション設備として、ガスタービンの廃熱を利用して蒸気を供給します。


くりりん発電所 主要設備概要

[汽力発電所]     蒸気タービン出力 7,000kW  発電機出力 8,235kVA
            タービン形式   抽気復水タービン             1基
             入口蒸気圧力  3.63MPa(37kg/cm2)
             入口蒸気温度  397℃
            発電機形式    三相交流同期発電機            1基
[ガスタービン発電所] ガスタービン出力 1,600kW  発電機出力 2,000kVA
            タービン形式   単純開放サイクル一軸式          1基
            発電機形式    三相交流同期発電機
            廃熱ボイラ    自然循環式排ガスボイラ
[特別高圧変電所]   需要地点 北海道電力梶@ 北芽室1号線くりりんセンター支線
            受電方式 交流3相3線式 66,000V 50Hz
            変電設備 ガス絶縁変圧器 7,500kVA 66,000/6,600V    1基



バナースペース

十勝環境複合事務組合
くりりんセンター

〒080-2464
北海道帯広市西24条北4丁目1番地5
TEL 0155-37-3550
FAX 0155-37-4119